税務署・税務調査は怖くない!きちんと相談すれば話を聞いてくれる

税務署・税務調査は怖くない!きちんと相談すれば話を聞いてくれる

税務署・税務調査にはどうしても怖いというイメージがあるようですが、本当は怖くありません。

  • ある日突然税務調査にやって来てガサ入れされる
  • 税務調査で税金をガッポリ持っていかれる
  • 脱税がバレたら逮捕される

などの話を聞くと怖いですが、きちんと相談すれば話を聞いてくれます。

税務署・税務調査を怖がったり、敵対視する必要はありませんのでご安心ください。

税務署・税務調査は怖くない

税務署・税務調査と聞いて怖がったり、敵対視する人がいますが、それはある意味では納税者の防衛本能なのかもしれません…

税理士でも税務署・税務調査に良いイメージはありません。

しかし、商売敵としては見ていませんし、お客様にも過度に怖がったり、敵対視しないようにアナウンスしています。

その理由としては、税務署・税務調査を怖がったり、敵対視しても、何のメリットもないからです!

まず、税務署・税務調査が怖い理由として、

  • どういうものか知らないから怖い
  • 税金を取られるから怖い
  • 脱税がバレるから怖い

このようなものが考えられます。

脱税がバレるから怖いのは論外として、税務署・税務調査がどういうものなのかを知り、正しい申告をしていれば税金を取られることもありませんので、怖がったり、敵対視する必要はありません!

 

税務署の職員の特徴について

税務署・税務調査がどういうものなのかを知るためには、税務署の職員の特徴を知っておきましょう。

税務署の職員は、公務員なので、大多数の方が真面目で親切な方ばかりです!

税務調査にやって来る調査官は、問答無用で税金を取ろうとしているように見えるかもしれませんが、そこまでガツガツ来る人は少ないです…

基本的には生真面目な方が多いので、きちんと調査をしようとします。

その姿勢が納税者にとっては怖く見えるようですが、相談すれば話を聞いてくれますし、たとえ経理のミスが見つかったとしても叱られるようなことは絶対にありません。

ごく稀に横柄な態度の職員もいますが、きちんと対応してくれる相手に対しては、こちらもきちんと対応するようにしましょう。

 

税務署の税務調査でガサ入れされることはない

税務署・税務調査を怖がる理由として、ある日突然ガサ入れされるかもしれない!というものがありますが、原則として、税務署の税務調査でガサ入れされるようなことはありません。

ある日突然やって来てガサ入れするのは、税務署の税務調査ではなく、国税局査察部(通称マルサ)の強制調査です!

マルサの強制調査があるのは、数千万円以上の脱税が疑われている場合なので、一般の納税者の方が警戒する必要はありません…

さらに、税務調査に入られると税金をガッポリ持っていかれると思い込んでる人がいますが、税務調査に入られたからといって絶対に税金を支払わなければならないということはありません。

脱税などの不正はもちろん、経理のミスなども一切なく、正しい申告ができていれば、申告是認(お咎めなし)となるため、税金を1円も支払うことなく税務調査は終了します。

一度でも申告是認を勝ち取ることができれば、次回以降の税務調査の確率が下がりますし、チェックの目もやさしくなりますので、ぜひとも目指して欲しいところです!

また、税務調査については、様々な情報が飛び交っていますが、噂話や都市伝説のようなものを簡単に信用しないようにしましょう。

飲食店などの現金商売の場合において、事前通知することにより証拠が隠滅される可能性があるときは、ある日突然税務調査にやって来ることもあります!

 

税務署には誠意ある対応を心がけよう

このように税務署・税務調査を怖がったり、敵対視してもあまり意味はありません。

税務署の職員もひとりの人間です…

こちらが誠実に対応すれば、無茶なことはしてきません。

税務署の言いなりになる必要はありませんが、税務調査には協力して誠意ある対応を心がけましょう!

あまり知られていない税務署の意外な対応

  • 税務調査の日程はある程度調整することができる(1ヶ月ぐらいなら可能)
  • 税金の分割払いの相談をすることができる(社会保険料の方が厳しい)
  • 今回は指導事項としておきます(グレーゾーンを見逃してくれることもある)
  • 総勘定元帳をじっと見ているだけ(指摘事項がないため困っている可能性がある)
  • あまり税金が取れなさそうな案件については早く終わらせて次に行きたい(グレーゾーンの交渉をしやすい)
  • 4月〜6月の税務調査にはあまり力が入っていない(7月の人事異動の査定に影響しない)

このように税務署・税務調査のことを知り、職員に対しても誠意ある対応を心がけておくことで融通をきかしてくれることもあります。

はじめからこれを期待するわけにはいきませんが、税務署も仕事相手の1つと考えて対応するとよいのではないでしょうか。

 

まとめ

税務署・税務調査を過度に怖がったり、敵対視してはいけません。

税務署の言いなりになる必要はありませんが、一社会人として誠意ある対応を心がけましょう!

 

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。