ビットコインなどの仮想通貨で得た利益を節税する8つの方法

ビットコインなどの仮想通貨で得た利益は、雑所得に該当するため、MAXで55%の税金が課税されてしまいます。 税金を払いたくない気持ちはよくわかりますが、確定申告はしておかなければなりません… 適用することができる節税の方法は限られていますが、無駄な税金を支払わないためにもしっかりと対策しておきましょう!

仮想通貨で得た利益を確定申告しないと税務署にバレてしまうのか?

ビットコインなどの仮想通貨で一定の利益を得た場合には、確定申告をして税金を納めなければなりません。 もし、確定申告をぜずに税金を納めなかったらどうなるのでしょうか… そして、仮想通貨の取引について税務署はどこまで把握しているのでしょうか… 将来、大変なことになってしまう前にしっかりと確認しておきましょう!

税務署の税務調査を怖がっていてはいけない本当の理由とは!?

  • 2018.06.09

税務署の税務調査を怖れる理由として、 節税が認められなかったらどうしよう… 不正・脱税がバレたらどうしよう… 多額の追徴税額・罰金を支払わされたらどうしよう… などなど、税務署の税務調査を怖れるには十分すぎる理由でしょう。 しかし、いつまでも税務署の税務調査を怖がっているようではいけません! もっと他に考えなくてはならない重要なことがありますので、今一度考えてみてください。

税務署・税務調査は怖くない!きちんと相談すれば話を聞いてくれる

  • 2018.04.26

税務署・税務調査にはどうしても怖いというイメージがあるようですが、本当は怖くありません。 ある日突然税務調査にやって来てガサ入れされる 税務調査で税金をガッポリ持っていかれる 脱税がバレたら逮捕される などの話を聞くと怖いですが、きちんと相談すれば話を聞いてくれます。 税務署・税務調査を怖がったり、敵対視する必要はありませんのでご安心ください。

税務調査に入られやすい業種について!噂・都市伝説を信じてはいけません

  • 2018.04.25

個人事業者でも、法人でも、事業活動を継続している限り、絶対に税務調査を避けることはできません… 税務調査は、いつ、誰のもとにやって来てもおかしくないということを知っておきましょう。 ただし、税務調査に入られやすい業種というのも確実に存在しますので、自分の事業が該当する場合には十分に気をつけておきましょう!

税務調査は税理士に立ち会いを依頼して少しでも負担を軽減しよう!

  • 2018.04.25

税務署から税務調査の連絡があったら、ぜひ税理士に税務調査の立ち会いを依頼しましょう! そうすることで、税金の支払いなどの負担をかなり軽減することができます。 納税者自身で税務調査の対応をすることも可能ですが、やはり餅は餅屋、プロに任せてしまった方が安心・安全です。

税務調査が納税者に与える金銭的・時間的・精神的な負担について

  • 2018.04.24

税務調査が納税者に与える負担は、非常に大きなものです。 追徴税額・罰金などの金銭的な負担 税務調査の立会い・税務署との交渉などの時間的な負担 これらについての精神的な負担 大きく分けると、納税者にはこのような3つの負担がかかってしまいます。 個人事業者でも、法人でも、事業を続けていくためには、税務調査とうまく付き合っていかなくてはなりませんので、これらの税務調査による負担を減らしていきましょう!

税務調査で嘘・ごまかし・知らないふりは通用しない!故意による不正がバレたら脱税になる

  • 2018.04.23

税務調査では、嘘をついたり、ごまかしたりしてはいけません。 しっかりと調べられると、嘘は簡単にバレてしまいますし、もしわざと不正をしていたことがバレてしまうと、脱税していたものとして取り扱われてしまいます… 税務調査に入られた場合には、嘘をつかず、正直に対応することを心がけましょう!